年商1億円突破のための5つの革新セミナー

ベンチャー(独立)の為・2世育成
一挙にすべて受講が原則ですが
選択される場合 5つの革新の土台となる
その1・2・3の優先受講を推薦します

なぜなら最低3つのテーマに取り組まないと
結果が出ないからです

ビジョンとしつけづくり

■先例や実例のあるビジョンでなくてはならない そしてそのビジョンを実現するべく
   ”元”はしつけ(企業文化)であり

■そのためには我が社(店)における絶対やらなくてはいけないこと、絶対やっては
   いけないことを明確に決めなくてはならない

長期経営計画作り(グランドデザイン)

■長期経営計画なく経営をやっていることは羅針盤なき ただ海に浮かんでいる小船
   と同じことです

■私(齋木)は創業期年商3000万円だった 100倍の目標と長期経営計画をたて取り組み
   20年間で100倍の年商32億円を達成することができた

■それは決して生まれながら持っている才能ではなく 長期経営計画を立て取り組んで
   きたからです

管理会計と財務会計

■これはすごい!と専門家 会計士 税理士がびっくりした内容のセミナーです
   経営者はP/L B/Sがわかってないとマネジメントできません しかし税理士さんが
   出された数表ではまったくわからない それは経営管理上 役に立つわかりやすい
   数表ではないからです

■数字がニガ手だからと心配することはありません 小学5年生でわかる計算式です
   ポイントは経営数値とお店(現場)とつながっていないからです
   セミナー受講後はきっと経営数字に強くなり数値コントロールできるようになります

ビジョンとしつけづくり

■いかに儲ける為に価格を決める方法が業界の決め方です いくらだったらお客さまは
   繰り返し手ごろに喜んで支払える価格なのかと価格を決定するのが正しい価格決定の
   方法です

■価格改定の調査と分析、決定のやり方 そして最も大切なお客様にとって”良い品質”
   とは何かを学ぶセミナーです

ビジョンとしつけづくり

■業界において商品とは人の教育です 業界における教育とは技術のみのことを言って
   ますが 本当の教育とは教育を受けたその人が日本中どこへ行ってもA級で通用し
   又 独立もできるように育てることが教育の原則です
   その為のしくみづくりセミナーです

■ただ「長」という肩書きがついた 人の数が増えたことを組織とは言わない
   組織とは縦と横の関係で 上手に分業して 計画がどんどん実現できる分業の仕方の
   システムのことを言う その為の原則と成功事例(経験法則)と方法を学ぶセミナー

体験者の声

3店経営マネジメントとは

「数値と論理で因果関係を確定すること」
最初なんのことなのかさっぱりわかりませんでした。
その上毎回ハーバード大学セミナー方式で
宿題が出ますので大変でした。
学び始めて7年、もしMIQセミナーを学ばず独立をして
いたら、今頃は破産か倒産しているでしょうね。

なにより大切なことは

企業文化(コーポレートカルチャー)であると
しつこく吹き込まれてます。結局私(経営TOP)の
経営ビジョンと日常の言動・行動が経営の軸である
ことを学び、実践と反省の繰り返しです。
先日10数年ぶり同業の友人と会った時、お前変わっ
たなぁと言われました。久しぶりの友人との会話の
違いにこれがMIQを学んだレベルの差なのかと
確信が持てました。